自然観察」カテゴリーアーカイブ

ムシャーマの夜

波照間島の旧盆行事「ムシャーマ」を見に行ったのは2014年のこと。昼間はみるく(=弥勒菩薩)や獅子が練り歩いたり、島民総出の芸能大会(伝統的な演目が演じられる)があったり、村の中心の広場は隅々まで活気に溢れています。
そして、日が暮れると各家で唱えられる念仏が風にのって聞こえてくるような、静かなお盆の夜を迎えます。

そんな念仏の声に誘われて、村の広場に出てみると、頭上で「コホーッ」と鳴く声。すぐさま遠くから「コホーッ」と答える声。リュウキュウコノハズクにちがいない!
この時に録音した鳴き声を、春畑セロリさんに送ったところ、「この空気感、遠近感、このまま曲がかけるかも」という返信がありました。彼女と私が東京と沖縄と離れていても、なんとか連載が成立するのではないか、と実感を持つことができたのはこの時です。
自然が放つ言葉は雄弁です。
そして、生きものたちが、人間たちの生活のすぐそばにいることも、この時おそわりました。

奄美野黒兎

「アマミノクロウサギ」が「奄美野黒兎」だということを知ったのは、「ゼツメツキグシュノオト」の連載をしてからのこと。

字面では「奄美野黒兎」とわかっていても、音読したときのイントネーションは「奄美の黒兎」とは明らかに違います。そのことを強く意識したのは、CDの録音で朗読をしたとき。

知らないことは、まだまだいっぱいありますね。

CD裏面

さて、アマミノクロウサギの習性として、とても特徴的なのは、その子育てだと思います。
「ゼツメツキグシュノオト」では、そこをフォーカスして、「クレッシェンド」というタイトルの詩を書き、巣穴で再開する親子の絵を描きました。
天敵から守るため、巣穴を掘って子兎を隠し、授乳のときだけ開くという。

今回、「ゼツメツキグシュノオト」に生きものの解説を書いてくださったのは、科学コミュニケーターの深津美佐紀さんです。楽譜・CD・絵本のために、それぞれの媒体に合った解説を書き分けてくれました。

【楽譜】「ゼツメツキグシュずかん」
【CD】「ゼツメツキグシュについて」
【絵本】「ゼツメツキグシュの、ものがたり」

タイトルを見くらべるだけでも、それぞれの方向性が見えてきます。
楽譜では、ピアノを弾くかたのためにイメージを膨らませる解説を、CDは音を聴きながら、生きものたちの生態をより深く知るための情報を、絵本は読みきかせをすることを想定した語り口で、と、きめ細かな書き分けで、私も作曲家のセロリさんも、原稿が出てくるたびに感心しきり。
3つそれぞれを手にされた方は、ぜひ解説をご活用いただきたいのです。音楽や絵を通して、同時に生きものたちの知識が染み込むように伝わると良いと思っています。

さて、アマミノクロウサギの巣穴の話ですが、子兎からすると、閉じ込められるわけで、凄いことです。私には無理。
数十年前、検査のためにMRIに入ったとき、当時は筒状ではなく、頭の先が閉じられたドーム型でした。そのとき初めて私は閉所が苦手だということがわかりました。自分の感覚ですら、体験してみないとわからないということが、その時よくわかりました。


科学コミュニケーターの深津美佐紀さんへのインタビュー記事がアップされました。こちらから読めます。

ヤンバルクイナふたたび

春畑セロリさんとのコラボレーション「ゼツメツキグシュノオト」の7回目が音楽之友社のサイトにアップされました。
ちょうど5年前の「ブルクミュラー鳥ノオト」(ムジカノーヴァ2011年7月号掲載)以来、2度目のヤンバルクイナ。沖縄に住むことになるなんて、当時は知るわけもなく、ただただ見たこともないヤンバルクイナの生活を想像しながら、あのページを作りました。
ƒ„ƒ“ƒoƒ‹ƒNƒCƒi6‰Eol沖縄に引っ越したからとて、ヤンバルクイナはそんなに簡単にナマで見られるわけではありません。ただ新聞に載るヤンバルクイナの消息はよく目にします。しかしその分、ロードキル(車による事故死)の記事に触れることも多のです。

こちらに来てから数人のヤンバル出身者や在住者と話をしてみて、ヤンバルクイナといえば木に止まって休んでいるイメージがあることに気がつきました。
サイトで動画を盛んに検索するようになってから、動物の生態をよく知っているような気になってしまっていて、それがごく一部の切り取られた時間であることを忘れている。どこかで勘違いをしている。何十回再生しようが、何万人が見ていようが、それはごく一部。図鑑を眺めていた子どものころの方が、もっと知りたいと思ったし、もっと想像を逞しくしていたように思います。
もっと想像してみたい、と、そう思わせる連載にしたい思います。

今回もクワズイモを描きました。オキナワヤマタカマイマイもいます。
音楽之友社「ゼツメツキグシュ ノオト」no.7 (2016年7月)
「ヤンバルクイナ/スタッカート」はコチラ  

毒をもっている

荻窪音楽祭を終えて、那覇に戻って家に1泊。翌日には竹富島へ行って種取り祭を見て2泊、那覇に戻りって週末は「ひやみかち なはウォーク」で5キロほど歩くイベントに参加。
数週間前に『運動不足の末路』を悔いて、思わず参加申込みをしていたのですが、申込みをしたことを悔いるほどクタクタ。しかし、国場川沿いを歩くコースは普段自分では決して歩くことのない場所ばかりで、やっぱり行って良かったです。

コースの途中に「ちょうちょガーデン」があって寄り道(タイムなんか気にせず)、とよみ大橋の途中には野鳥の会のみなさんが双眼鏡を貸し出してくれるスポットがあって、漫湖湿地帯(ラムサール条約に登録)の水鳥を見ることができました。上空にはミサゴの番いが飛んでいました。こんなに街の近くでも自然が身近な那覇。

ちょうちょガーデンのオオゴマダラチョウは羽化したばかりで、羽を乾かしているところ。公園内で見かけたオキナワキョウチクトウは木の下に立て札があって「毒があるのでさわらないように」。そう言えば、オオゴマダラチョウも毒がある。
運動不足解消と言うよりは、自然観察のウォーキングでした。体重はちっとも減ってません。でもそんなケチケチしたことは言わない。

植物ちゃん

新作紙芝居制作中、あと残すところ(まだまだ)3分の1という状況で、坂田明&勝井佑二沖縄ツアーがの日がやってきてしまった。
那覇のBar土の親密な空間でのライブ、そのあと世界遺産・今帰仁城跡での野外ライブ。こうなればヤケクソで、今帰仁に一泊して備瀬のふくぎ並木や熱帯ドリームセンター(美ら海水族館のとなりの植物園)で遊ぶ。
熱帯&亜熱帯の植物は色も造形も、見ていて飽きることがない。時間を気にせず見たいものを見たいだけ見ていたい。。。