「地域芸能と歩む」のサイトにエッセイがupされました

沖縄県立芸術大学のプロジェクト「地域芸能と歩む」(正式名称:今を生きる人々と育む地域芸能の未来)のウェブサイトに、音楽紙芝居のこと、沖縄へ移住してからの作品づくり、そして絵本『くもこちゃん』のことなど書きました。
「音楽紙芝居という『入口』」文:音の台所・茂木淳子 

荻窪音楽祭公式Youtubeに音楽紙芝居『きよひめ』がUPされました

例年でしたら、杉並公会堂の小ホールで音楽紙芝居を上演するところ、今年は荻窪音楽祭自体が中止となり、YouTubeでの公開となりました。
沖縄に住むわたしと、東京に住むピアノの川津直子さんと、遠隔で声とピアノと画像を合わせる作業をしました。5分ちょっとの短い作品です。最後に曲目の紹介もあります。ぜひお楽しみください。
そして、来年は音楽祭会場へ行けますように!

くもこちゃん*1枚だけの原画展(終了しました)

Book cafe ゆかるひで、7月9日より、絵本『くもこちゃん』の原画「首里の空でツバメとおしゃべり」を展示しています。1枚だけの展示です。
ゆかるひさんのご好意により実現しました。密にならないよう、カフェスペースのレイアウトを大胆に入れ替えて営業中です。ぜひ、Book cafe ゆかるひの「くもこちゃんコーナー」へどうぞ。

---

8月22日に終了しました。1ヶ月半の間、展示してくださいました。
沖縄県の非常事態宣言やその延長もあって、注意深く様子を見ながらの営業でしたので、実際にご覧いただけた日数は24日間でした。
またいずれ原画展(できれば全部の原画を集めて)を行いたいですが、まだ先は見えません。
また、このサイトやSNSでお知らせいたします。
見てくださいましたみなさま、ありがとうございました。
Book cafe ゆかるひさんも、ありがとうございました。

くもこちゃんツイッター

『くもこちゃん』のツイッターアカウントができました!
アカウントは、
@kumokochan2020 です。

空の上のこと
空の下のこと
ぽつり ぽつりと
つぶやきます

くもこちゃんのつぶやきを聞いてあげてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

絵本『くもこちゃん』が完成しました!

絵本「くもこちゃん」が完成して、沖縄に届きました。
出版元の七月堂の古書部(東京・明大前)、
那覇では、市場の古本屋ウララ古書の店言事堂ブックカフェゆかるひでも3月19日より発売します。
(言事堂は移転のため3月22日で松尾店での営業を終了し、5月に壺屋へ移転して営業を再開します)

900円+税です。
巻末には全5ページの「くもこ辞典」も付いております。
どうぞよろしくおねがいします。
こんな時期なので直ぐにはイベントはできませんが、絵本の元になった音楽紙芝居版もできるだけ早く上演したいです。
くもこちゃんの気持ちが多くの方に届きますように。そして琉球には「雲子」という美しい言葉があったことも伝わりますように。(2020年3月18日)