音楽のこと」カテゴリーアーカイブ

早くも今年をふりかえる

2019年は1月27日のcocobunjiプラザ(東京・国分寺)での「音の絵本「ゼツメツキグシュノオト」&音楽紙芝居「金の魚」でスタート。
4月には恒例となった城西病院(東京・荻窪)のホスピタリティコンサート
音楽紙芝居(特別編)「ゼツメツキグシュノオト〜音楽でつむぐ生きものの世界〜」このホスピタリティコンサートが第154回ということ自体、主催者の熱意の賜物です。ピアノの川津直子さんのシューマン「子供の情景」の演奏もとても彼女らしくて良かったです。

このあと、展示のための準備一色の時期に突入しました。
七月堂古書部(東京・明大前)と市場の古本屋ウララ(沖縄・那覇)での同時開催で、「市場のねこ」リトグラフ展です。このために半年くらいはリトグラフの制作に精をだしました。市場のねこたちをモデルにしたリトを原画に絵はがきも作りました。
6月16日の第一牧志公設市場での現在の建物での最終営業の直前には、たくさんのお客さまがお見えになって、絵はがきにもたくさん手を伸ばしてくださいました。ありがとうございます。現在、さらに作り貯めている市場関連の作品をまとめて、一つのお話にして冊子かする予定です。乞うご期待!(2020年2月の予定)

毎年沖縄(那覇市と宜野座)で行われる演劇祭「りっかりっか*絵フェスタ」に参加して、「音楽紙芝居 月夜のナイチンゲール」をBookcafe & Hall ゆかるひ(沖縄・那覇)で上演しました。「きよひめ」や「くもこちゃん」また「ゼツメツキグシュノオト」からも数曲演奏&朗読をしました。演劇祭だけあって、さまざまな年齢層の方々に見ていただくことができました。

年内の今後予定は、11月10日に荻窪音楽祭出演、12月には山形の新しいホール「やまぎん県民ホール」のプレオープンイベントで音楽紙芝居の上演予定です。

12月7日(土)8日(日)には高雄(台湾)でのイベント「港都恋惜曲」(おしゃれでレトロな雰囲気のタイトルですが、イベントの内容はマルシェです)にポストカードや絵本を持って参加します。マルシェへの参加が初めてなのに、いきなり海外です。オドロキです!

ナゴランの気根をほめられる

城西病院ホスピタリティコンサート、無事終了して昨夜那覇へ戻ってきました。
第154回とあるように、年間10回ほどのコンサートシリーズが14年間続いています。
毎年4月に音楽紙芝居で出演させていただき、7回目となりました。
ちょうど1回目の2週間前に那覇へ引っ越したので、沖縄生活の年数と出演回数が重なっています。

今回は「ゼツメツキグシュノオト」の上演を行い、画像の投影や朗読とともに、ピアノ演奏をたっぶりお聴きいただけるような構成を考えました。
終演後に、蘭を育てている愛好家の方から、ナゴランの気根の描き方を褒められました。自分なりの小さなこだわりを気に留めてくださる方がいらっしゃるのは嬉しく、励みになります。

公演とプログラムの詳細は下記の通りです。


第154回 城西病院 ホスピタリティコンサート
音楽紙芝居(特別編)「ゼツメツキグシュノオト〜音楽でつむぐ生きものの世界〜」
構成・イラスト・語り:音の台所(茂木淳子)
ピアノ:川津直子
画像操作:中澤慶
日時:4月19日(金)午後7時開演(午後6時30分開場)
会場:城西病院ロビー(杉並区上荻2-42-11)
入場:無料(先着70名)
プログラム:春畑セロリ「ゼツメツキグシュノオト」
シューマン 「子供の情景」
J. S. バッハ フランス組曲 第5番

今回は絵よりも、むしろ音楽の流れに着目し、曲順などガラッと組み替えて、下記のようなテーマで、「ゼツメツキグシュノオト」の音楽の魅力を再発見していただけたらと考えました。

「ゼツメツキグシュノオト〜音楽でつむぐ生きものの世界〜」
プロローグ
ゆらぎ~生きものたちの空間
くり返し~生きものたちの日々のいとなみ
息づかい~生きものたちの小さな声
スピード~生きものたちの行動に無駄はない

エピローグ

cocobunji 音の絵本&音楽紙芝居

東京都国分寺市の国分寺駅北口の再開発で生まれたビルcocobunji WESTの5階にできた新しい公共ホール「ココブンジプラザ リオンホール」の初の自主事業という大事な役目を任されて、音の絵本と音楽紙芝居の上演をしてきました。

本番の5日前、1月23日には200名の定員を超えて、申し込み締め切りとなりました。インフルエンザが猛威をふるう中、来場者実数は9割近くだったそうです。
「親子で楽しむ」「未就学児入場可」と謳う中、予想以上にお客さまの年齢層は幅広く、これまでの経験から、世代間の溝が少し生まれてしまったりしたことがあったのですが、今回は不思議なくらいしっくり収まって、とても和やかで暖かな客席でした。
会場スタッフのみなさんの工夫が生きていたと思いますし、また何と言ってもお客さん同士の「楽しみを分かち合う」気持ちが自然にあふれていたのだと思います。
また機会がありましたら、ぜひ上演に伺いたいと、そう思って那覇へ帰ってきました。ありがとうございました。


国分寺市立 cocobunjiプラザ presents
音の絵本「ゼツメツキグシュノオト」&音楽紙芝居「金の魚」
2019年1月27日(日)午後2時開演
入場無料(定員200名)★要申込

展示「音の絵本」(ゆかるひ )

展示は2019年1月19日に撤収しました。結局2ヶ月間飾らせていただきました。本当に棚ボタでした。ゆかるひ の道子さん、ありがとうございました。

今年は版画工房コントルポワンの展示(3月)以外には、自分の展示をしませんでしたが、11月24日の「ピアノと語りでつづる『音の絵本』」の公演会場のbookcafe&hallゆかるひに公演当日に壁を一つだけお借りして上演内容に関連した作品を飾らせていただきました。棚ボタです。

リズムのある配置は、画家の藤本英明さんによるものです。ピアノのサトウユウ子さんのご主人で、当日リハーサルから手伝いに来てくださっていたので、いきなり展示をお任せしました。
今振り返っても、「音の絵本」の上演を彷彿とさせる並び順、楽しげな並べ方がとても気に入っています。

結局、そのまま年末まで、飾りっぱなしで年越しです。(ゆかるひオーナーの道子さん太っ腹!)
と言っても、お正月明けには撤収に伺います。年内の営業は12月28日(金)まで、年明けは1月7日(月)からです。あと数日この状態でご覧いただけます。
ぜひ、ゆかるひへ。年始はぶくぶく茶をいただけるそうです。

下記の3点は「くもこ」&「くもこちゃん」関連です。
来年は「くもこちゃん」を形にしていこうと思います。気持ちが折れないように、今から宣言してしまいます!

冬のおくりものに

『山野楽器』の〈そごう横浜店〉や〈新百合ヶ丘エルミロード店〉で「ゼツメツキギグシュノオト」のコーナーができているそうです。
南の島にも、ディスプレイの様子が届きました。表紙の色使いのせいか、クリスマス・ギフトのコーナーにも見えます。

生物学の阿部先生によるメッセージや科学コミュニケーター深津さんによる生き物の解説やお話しが、楽譜・CD・絵本についています(それぞれ媒体によって書き分けられています)。
音楽と絵と文、そして素晴らしい解説ページで絶滅危惧種のことを考える機会が生まれるのではと思うと、本当にクリスマス・ギフトに良いのではないかと、思います。
お近くの方は山野楽器をのぞいて、コーナーで手にとって、ぜひ大切な人への贈りものにしていただけると嬉しいです。

今後、少しずつ他店舗でもコーナーができるようです。またお知らせします。
生きものたちに思いを寄せる輪がじわじわと広がりますように。