本のこと」カテゴリーアーカイブ

市場もそろそろ冬支度

那覇の市場もそろそろ冬支度。市場の古本屋ウララでのブックフェア「那覇の市場」は11月4日に終了しました。期間中、多くのみなさまがお店を覗いてくださいました。
ウララには店主の宇田智子さんの本を読んでやってくるお客さんがたくさんいらっしゃいます。韓国や台湾で翻訳されているので、海外からのお客さまも多いです。フェアに合わせて発売した絵はがき「市場の古本屋」はそういうお客さま、言葉はうまく通じないけど、ウララのイメージを共有している方たちの手にも渡っていきました。
2019年から第一牧志公設市場の解体が始まることになっています。この風景が見られる時間はそう長くはないのだろうな。市場の風景を胸に留めて版画に込める作業をもう少し頑張ってみようと思っています。

絵はがき「市場の古本屋」は現在も販売しています。フェアの目玉のしーぶん(市場の本に関するちいさな図書目録)も、まだお付けできます。たぶん年内はまだ大丈夫と思いますが、どうぞお早めに!  (2018年、年始早々にしーぶん付の絵はがきは売り切れましたが、ひき続き絵はがきのみで発売していますので、どうぞよろしくお願いいたします。)
市場の古本屋ウララは那覇市第一牧志公設市場前です。☞
11月5日の音楽紙芝居でこのリトグラフの絵を背景に朗読した「辻占」(宇田智子)の掲載されているBOOK5 第14号 756円もまだ数部ウララで販売しています。どうぞ併せてお手元へ、キュンとなったりホロッとしたりの素敵な文章です。

ブックパーリー また来年

ブックパーリー OKINAWA 2017 に参加して、10月3日から11月5日までほぼ切れ目無く、展示2つとブックフェアと音楽紙芝居まで、なんだかフルマラソンをした気分です。ご来場くださいましたみなさまありがとうございました。また来年お会いしましょう。

今日の一枚@ウララ(毎日更新予定)

今日の一枚@言事堂(毎日更新予定)

絵本を手にとるひとびと

昨日までのホッコリエでの「まぼろし県産絵本『王さまのねこ』リトグラフ展」にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。絵本屋さんでの展示は初めてで、自分の本を買うばかりの私にとって、子どものため、プレゼントのために本を手にとる人の多さ、真剣さに驚きました。

自分で読む本は、すぐ読まないまでも、自分の趣味や仕事の資料など、なんとなく見当をつけて、買っておく、そんな買い方をしてしまいます。
「子どもへ」「子どもを持つ(これから生まれる)友人へ」と、相手のことを考えて、相手の未来を考えて選ぶ真剣な姿を、お店の隅から緊張しながら眺めていました。

瓢箪から駒のような展開で、昨年から「まぼろし県産本」をやってきましたが、次回展示をするときには「まぼろし」から脱却せねばならぬと真剣に思っています。

が、今回のホッコリエでの展示は17日(火)からの「まぼろし県産本『王さまのねこ』展覧会 『スイちゃんの首里めぐり』」へと続きます。もう少し「まぼろし」にお付き合いください。

ホッコリエさん、ありがとうございました。