本のこと」カテゴリーアーカイブ

今日の一枚@言事堂(毎日更新予定)

絵本を手にとるひとびと

昨日までのホッコリエでの「まぼろし県産絵本『王さまのねこ』リトグラフ展」にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。絵本屋さんでの展示は初めてで、自分の本を買うばかりの私にとって、子どものため、プレゼントのために本を手にとる人の多さ、真剣さに驚きました。

自分で読む本は、その時読まないまでも、自分の趣味や仕事の資料など、なんとなく見当をつけて、買っておく、そんな買い方をしてしまいますが、「子どもへ」「子どもを持つ(これから生まれる)友人へ」と、相手のことを考えて、相手の未来を考えて選ぶ真剣な姿を、お店の隅から緊張しながら眺めていました。

瓢箪から駒のような展開で、昨年から「まぼろし県産本」をやってきましたが、次回展示をするときには「まぼろし」から脱却せねばならぬと真剣に思っています。

が、今回のホッコリエでの展示は17日(火)からの「まぼろし県産本『王さまのねこ』展覧会 『スイちゃんの首里めぐり』」へと続きます。もう少し「まぼろし」にお付き合いください。

ホッコリエさん、ありがとうございました。

絵はがき「なかよし」発売@さいおん古本まつり

 言事堂の絵はがきをつくりました。
原画は、昨年のまぼろし県産本原画展(古書の店言事堂)で展示し、現在も言事堂の2階に架けられているリトグラフ「すーじぐゎー」です。
言事堂近辺のすーじぐゎー(小さな路地)と石敢當、そして近所の猫たち。
実はその猫のうちの1匹、ちーちゃんが7月に亡くなりました。ハガキの右側(言事堂のすぐ下)に居る猫です。グレーのハチワレでした。左下のみーちゃんが人懐っこくて言事堂にもよく遊びに来ていたのにくらべ、ちーちゃんはだれが通っても知らんぷり。撫でられるのがキライでした。最後は痩せ細って、固形物を食べることができず、保護センターに一時的に預かってもらったようですが、その日のうちに亡くなったそうです。
ちーちゃんとみーちゃん、言事堂の店主宮城未来さんたちが勝手にそう呼んでいましたが、ご近所ではそれぞれまた別の名で呼ばれていたみたいです。言事堂のお客さんたちも呼びかたはまちまちでした。2匹は付かず離れずいいコンビでした。
この絵はがきを今週末(10月14日・15日)の「さいおん古本まつり」ので発売します。絵はがきのタイトルは本当は「すーじぐゎー」なのですが、初回に刷った100枚だけ限定で「なかよし」にしました。
言事堂ブースにあります。のぞいて見てください。

『第5回 さいおん古本まつり』
10月14日(土)〜15日(日) 10時〜19時
ゆいレール牧志駅前 さいおんスクエア
参加古書店:BOOKSじのん・コザすばる書房・おきなわ堂・言事堂・ちはや書房・小雨堂・くじらブックス

今日の一枚@ホッコリエ(毎日追加)

 

【10月3日〜14日】ホッコリエで展示

まぼろし県産絵本 リトグラフ(版画)展「王さまのねこ」

【日時】10月3日(火)〜14日(土)10時~19時 *10/8(日)は休み/入場無料
【会場】hoccorie えほんやホッコリエ 沖縄県那覇市壷屋1-7-20
電話:070-5272-1451

昨年のブックパーリーOKINAWA(『まぼろし県産本原画展』@古書の店言事堂)で展示したリトグラフ「東道盆」(写真)からお話がひとつ生まれました。
「王さまのねこ」(作:宮城未来)です。琉球時代の首里城を舞台に、王さまが可愛がる野良ねこスイちゃんの物語です。
今年はそのお話「王さまのねこ」に基づいてリトグラフをつくりました。

一年振りにスイちゃんが版画のなかで動き出します。
ホッコリエは那覇の壷屋にある絵本専門の書店です。書棚にまぎれこんだスイちゃんに、ぜひ会いに来てください。

多くのみなさまからのご質問「絵本はないんですか?」ー(ないんです…)
でも、新作『絵はがき』は発売しますので、ぜひよろしくお願いいたします。