絵のこと」カテゴリーアーカイブ

市場もそろそろ冬支度

那覇の市場もそろそろ冬支度。市場の古本屋ウララでのブックフェア「那覇の市場」は11月4日に終了しました。期間中、多くのみなさまがお店を覗いてくださいました。
ウララには店主の宇田智子さんの本を読んでやってくるお客さんがたくさんいらっしゃいます。韓国や台湾で翻訳されているので、海外からのお客さまも多いです。フェアに合わせて発売した絵はがき「市場の古本屋」はそういうお客さま、言葉はうまく通じないけど、ウララのイメージを共有している方たちの手にも渡っていきました。
2019年から第一牧志公設市場の解体が始まることになっています。この風景が見られる時間はそう長くはないのだろうな。市場の風景を胸に留めて版画に込める作業をもう少し頑張ってみようと思っています。

絵はがき「市場の古本屋」は現在も販売しています。フェアの目玉のしーぶん(市場の本に関するちいさな図書目録)も、まだお付けできます。たぶん年内はまだ大丈夫と思いますが、どうぞお早めに!  (2018年、年始早々にしーぶん付の絵はがきは売り切れましたが、ひき続き絵はがきのみで発売していますので、どうぞよろしくお願いいたします。)
市場の古本屋ウララは那覇市第一牧志公設市場前です。☞
11月5日の音楽紙芝居でこのリトグラフの絵を背景に朗読した「辻占」(宇田智子)の掲載されているBOOK5 第14号 756円もまだ数部ウララで販売しています。どうぞ併せてお手元へ、キュンとなったりホロッとしたりの素敵な文章です。

乗馬と手拍子

第30回 荻窪音楽祭 2017で音楽紙芝居「すてきなとりかえっこ」を上演しました。(11月11日 杉並公会堂小ホール)
アンデルセンの「父さんのすることはいつもよし」の物語をブルクミュラーの「貴婦人の乗馬」のパッカパッカと刻むリズムに乗せた短い音楽紙芝居です。
2回上演でしたが、今回も1回目は小さなお子さんが
多く、貴婦人の「パッカパッカ」に合わせて手拍子が湧き起こったのには、うれしい驚きでした。
一度はじまるともう止まらない、「パッカパッカ」のたびに自然に手拍子。
終演後に7ヶ月のあかちゃんのお父さんが、「ノリノリでした」とおっしゃるのを聞いて、「0歳児から入場可」の公演をやり続けていてヨカッタ、とつくづく思いました。
来年の荻窪音楽祭もどうぞお楽しみに!

ブックパーリー また来年

ブックパーリー OKINAWA 2017 に参加して、10月3日から11月5日までほぼ切れ目無く、展示2つとブックフェアと音楽紙芝居まで、なんだかフルマラソンをした気分です。ご来場くださいましたみなさまありがとうございました。また来年お会いしましょう。

那覇でとうとう音楽紙芝居

昨夜、久茂地のチャイハナで音楽紙芝居沖縄初公演を行ないました。定員50名の身近な客席で、後半の沖縄に因んだプログラムでは緊張しましたが、あたたかなお客さまに助けられました。そして、アンケートには「沖縄プログラムをもっと作って欲しい」という声もあり、次回への宿題もいただきました。
またの上演でお目にかかりたいです。

《プログラム》
ラヴェル:ソナチネ より 第2楽章
音楽紙芝居「すてきなとりかえっこ」
ドビュッシー:「ゴリウォーグのケークウォーク」
音楽紙芝居「月夜のナイチンゲール」
ドビュッシー:「月の光」
—休憩—
「ゼツメツキグシュ・ノオト」より
「リュウキュウコノハズク」「リュウキュウアカショウビン」
音楽紙芝居「きよひめ」
音楽紙芝居「王さまのねこ」
ピアノと朗読「辻占」〜「月ぬ美しゃ」*
バッハ:ゴールトベルク変奏曲よりアリア

構成・イラスト・語り:音の台所(茂木淳子)
ピアノ:川津直子
*のみ ピアノ:サトウユウ子

画像操作:山﨑絢子

今日の一枚@ウララ(毎日更新予定)