絵のこと」カテゴリーアーカイブ

おしゃべりでよかった

東京の明大前にある七月堂古書部とのお付き合いは、レジで支払いの時に目に入った湊禎佳さんの詩集「青い夢の、祈り」(七月堂刊)の表紙にうっすらと浮かびあがる「リュウキュウ、そしてオキナワ」の文字に反応して、思わず「わたし沖縄から来たんです」と言ってしまったのがはじまり。

おしゃべり女は次々と、沖縄に住んで6年目ということ、夫の転勤で、それまではずっと東京で生まれて育って他所を全然知らなかったこと、東京を離れる直前まで不忍ブックストリートの実行委員をいていたこと、とりとめのない話をして、「たまに牧志公設市場前のウララっていう古本屋さんで店番してます」と行ったところで、潮目が変わり……
古書部長の後藤さんの口から「この店を作ったきっかけはウララさんなんです」との衝撃の一言が!今度はわたしが情報を受け止める側になりました。(この話はいずれまた、あるいはイベントなどでお話しするかもです)

この日のことが発端となって、これまで目に見えなかった七月堂とウララの繋がりが濃く太く見えてきました。
その後、七月堂店内に「出張ウララ」の棚ができました。ウララ店主の宇田智子さんの選書による古書の棚。沖縄の古書や詩の本、なにより宇田さんの著作。そうするうちに彼女の3冊目の本「市場のことば、本の声」(晶文社)が出版されて、サイン本がウララ棚に並びました。

わたしは便乗して、絵はがき(沖縄のモチーフの自作のリトグラフが原画)を販売してもらい、調子にのって原画のリトを飾ってもらったりもしています。
それは宇田さんの店の夕方の風景を絵にしたもので、音楽紙芝居を那覇で上演する際には、この絵を画像投影し、宇田さんの文章「辻占」をわたしが朗読し、ピアノはサトウユウ子さんのインプロヴィゼーションという、みんなのコラボレーションへと発展しています。
このリトを数ヶ月間飾ってくださるうちに、ほかの作品も展示してみませんか?というお話をいただきました。そうは言ってもなぁ、沖縄へ行ってからゆるゆると好き勝手に作りためた版画だし、とためらっているうちに、第一牧志公設市場の建て替えが間近に迫ってきました。6月16日が最終営業日となリマス。公設市場のまん前で営業しているウララへの影響はどうなるのか?たまに店番をするわたしでも感じるくらい、周辺もザワザワとしてきました。店の上に架かっているアーケードが取り外されたら、本も店番も日に焼ける。

市場の風景をリトグラフにしたものも少しずつ増えてきたので、展示をする意味も出てきたのかなと思います。そこで、七月堂での展示を本気で考え始めました。
このことをウララの宇田さんに話したところ、ウララの店頭でも展示をしましょう、と言ってくださいました。6月1日から6月16日(公設市場の最終営業日)に向けて、市場の古本屋ウララ店内でも連動してリトグラフの展示をします。

今回の七月堂での展示は前期と後期に分かれて、4月27日から6月30日までゆるゆるとやってます。
前期:4月27日~5月31日(これまで扱っていただいている絵はがきの原画を中心に)
後期:6月1日~30日(「市場」をテーマにした展示を行います)
そしてイベントも!
6月9日(日)には朗読とギターによるイベントをすることが決まりました。東京へ行きます。

東京近辺のみなさんは七月堂古書部へ、那覇近辺のみなさんは市場の古本屋ウララへ、ぜひ見にいらしてください!

ナゴランの気根をほめられる

城西病院ホスピタリティコンサート、無事終了して昨夜那覇へ戻ってきました。
第154回とあるように、年間10回ほどのコンサートシリーズが14年間続いています。
毎年4月に音楽紙芝居で出演させていただき、7回目となりました。
ちょうど1回目の2週間前に那覇へ引っ越したので、沖縄生活の年数と出演回数が重なっています。

今回は「ゼツメツキグシュノオト」の上演を行い、画像の投影や朗読とともに、ピアノ演奏をたっぶりお聴きいただけるような構成を考えました。
終演後に、蘭を育てている愛好家の方から、ナゴランの気根の描き方を褒められました。自分なりの小さなこだわりを気に留めてくださる方がいらっしゃるのは嬉しく、励みになります。

公演とプログラムの詳細は下記の通りです。


第154回 城西病院 ホスピタリティコンサート
音楽紙芝居(特別編)「ゼツメツキグシュノオト〜音楽でつむぐ生きものの世界〜」
構成・イラスト・語り:音の台所(茂木淳子)
ピアノ:川津直子
画像操作:中澤慶
日時:4月19日(金)午後7時開演(午後6時30分開場)
会場:城西病院ロビー(杉並区上荻2-42-11)
入場:無料(先着70名)
プログラム:春畑セロリ「ゼツメツキグシュノオト」
シューマン 「子供の情景」
J. S. バッハ フランス組曲 第5番

今回は絵よりも、むしろ音楽の流れに着目し、曲順などガラッと組み替えて、下記のようなテーマで、「ゼツメツキグシュノオト」の音楽の魅力を再発見していただけたらと考えました。

「ゼツメツキグシュノオト〜音楽でつむぐ生きものの世界〜」
プロローグ
ゆらぎ~生きものたちの空間
くり返し~生きものたちの日々のいとなみ
息づかい~生きものたちの小さな声
スピード~生きものたちの行動に無駄はない

エピローグ

cocobunji 音の絵本&音楽紙芝居

東京都国分寺市の国分寺駅北口の再開発で生まれたビルcocobunji WESTの5階にできた新しい公共ホール「ココブンジプラザ リオンホール」の初の自主事業という大事な役目を任されて、音の絵本と音楽紙芝居の上演をしてきました。

本番の5日前、1月23日には200名の定員を超えて、申し込み締め切りとなりました。インフルエンザが猛威をふるう中、来場者実数は9割近くだったそうです。
「親子で楽しむ」「未就学児入場可」と謳う中、予想以上にお客さまの年齢層は幅広く、これまでの経験から、世代間の溝が少し生まれてしまったりしたことがあったのですが、今回は不思議なくらいしっくり収まって、とても和やかで暖かな客席でした。
会場スタッフのみなさんの工夫が生きていたと思いますし、また何と言ってもお客さん同士の「楽しみを分かち合う」気持ちが自然にあふれていたのだと思います。
また機会がありましたら、ぜひ上演に伺いたいと、そう思って那覇へ帰ってきました。ありがとうございました。


国分寺市立 cocobunjiプラザ presents
音の絵本「ゼツメツキグシュノオト」&音楽紙芝居「金の魚」
2019年1月27日(日)午後2時開演
入場無料(定員200名)★要申込

展示「音の絵本」(ゆかるひ )

展示は2019年1月19日に撤収しました。結局2ヶ月間飾らせていただきました。本当に棚ボタでした。ゆかるひ の道子さん、ありがとうございました。

今年は版画工房コントルポワンの展示(3月)以外には、自分の展示をしませんでしたが、11月24日の「ピアノと語りでつづる『音の絵本』」の公演会場のbookcafe&hallゆかるひに公演当日に壁を一つだけお借りして上演内容に関連した作品を飾らせていただきました。棚ボタです。

リズムのある配置は、画家の藤本英明さんによるものです。ピアノのサトウユウ子さんのご主人で、当日リハーサルから手伝いに来てくださっていたので、いきなり展示をお任せしました。
今振り返っても、「音の絵本」の上演を彷彿とさせる並び順、楽しげな並べ方がとても気に入っています。

結局、そのまま年末まで、飾りっぱなしで年越しです。(ゆかるひオーナーの道子さん太っ腹!)
と言っても、お正月明けには撤収に伺います。年内の営業は12月28日(金)まで、年明けは1月7日(月)からです。あと数日この状態でご覧いただけます。
ぜひ、ゆかるひへ。年始はぶくぶく茶をいただけるそうです。

下記の3点は「くもこ」&「くもこちゃん」関連です。
来年は「くもこちゃん」を形にしていこうと思います。気持ちが折れないように、今から宣言してしまいます!

冬のおくりものに

『山野楽器』の〈そごう横浜店〉や〈新百合ヶ丘エルミロード店〉で「ゼツメツキギグシュノオト」のコーナーができているそうです。
南の島にも、ディスプレイの様子が届きました。表紙の色使いのせいか、クリスマス・ギフトのコーナーにも見えます。

生物学の阿部先生によるメッセージや科学コミュニケーター深津さんによる生き物の解説やお話しが、楽譜・CD・絵本についています(それぞれ媒体によって書き分けられています)。
音楽と絵と文、そして素晴らしい解説ページで絶滅危惧種のことを考える機会が生まれるのではと思うと、本当にクリスマス・ギフトに良いのではないかと、思います。
お近くの方は山野楽器をのぞいて、コーナーで手にとって、ぜひ大切な人への贈りものにしていただけると嬉しいです。

今後、少しずつ他店舗でもコーナーができるようです。またお知らせします。
生きものたちに思いを寄せる輪がじわじわと広がりますように。