アタカーバルの森で

二十四節気の清明を沖縄ではお盆の次(くらい)に大切にします。ウチナーグチでは「シーミー」と発音し、今年は4月5日です。

ドーンと、「清明祭」と題したライブの案内をいただいたのは3月のはじめのことでした。

『清明祭(しーみー)Live』
おおたか静流(Vo)
向島ゆり子(Vn)
翁長巳酉(Perc)

4月4日(土)アタカーバル am 10:30 集合
4月6日(月)佐喜眞美術館 pm 19:00 open
【チケット料金】両日各2500円
【お問合せ・予約】翁長 deepbrasil2010(a)yahoo.co.jp

アタカーバルが那覇のどこにあるのか…… 検索してもぜんぜん出てこなくて、大弱り。そこは翁長巳酉さんのご先祖さまたちがねむるお墓のある場所で、その表記も昔のまま、空襲をうけず、戦前の墓地の森の様子を残す数少ない場所だそうです。
つまり、本当の「しーみー」をやるのです。この時期、沖縄の街はスーパーからお弁当屋さんまで「お供えもの」の受注で盛り上がるのに、ウチナーにご先祖さまのいない私たちには参加できない行事でした。おお、ついに参加することができるその日がやってきた!しかも、ライブ。お墓でいいのだろか…… と思って翁長さんに訊いたら、「ご先祖さまとのコミュニケーションの場だから、子孫がどんな人とお付き合いしているのか紹介するの」。ふむふむ。というわけで、翁長家のご先祖さまにご挨拶に行くことになりました。

ƒ‰ƒ

コメントは停止中です。