みた?きいた?さわった?

3月23日(日)は、年に一度の日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」の本番でした。
クタクタになるまで会場を歩きまわる《たのしい》一日でした。
3年前にこのイベントのために描いたキャラクター、ふくろうの「みるちゃん」、うさぎの「きくちゃん」、はりねずみの「さわちゃん」も、だんだん定着してきて、ふくろう駅(館内探検ツアーの集合地点)で出発を待つ間、子どもたちが代わる代わる白板に似顔絵を描いてくれるようになりました。
どの絵も味があって、こんな風に描けるのがただただ羨ましい。

2階のホールロビーでは、今回はじめて「アニメーション」に参加するコーナーが出来ていて、パラパラマンガを作ったり、描いた絵をコマ撮りしてアニメーションにするワークショップをやっていました。
ともに紙芝居に近いテイストで、自分でも「動くなにか」をつくってみたくなりました。

コメントは停止中です。