イベントおしらせ

第153回 もとぶ手作り市
『本ともとぶ手作り市』

市場の古本屋ウララさんと一緒に参加します。本部の市場、楽しみです!

とき:11月17日(日)午前10時〜午後4時(雨天決行)
ところ:本部町営市場
公式ブログ →

 


第31回荻窪音楽祭 音楽紙芝居「月夜のナイチンゲール」 ◎終了しました
11月10日(日)11時と12時開演
杉並公会堂 小ホール

アンデルセンのお話とブルクミュラーの豊かな音楽表現にみちびかれて、今から7年前の2012年に初めて作った音楽紙芝居が「月夜のナイチンゲール」です。
2012年の11月18日に同会場で初演しました。以来、あちこちで10回の再演を行い、再び杉並公会堂へ戻って来ました。
あの時、小学校1年生だった子はもう中学生ですね。お話と音楽が新鮮に受けとめていただけることを願って、東京へ行きます。
入場無料です、7年前にご覧になった方も、初めての方も、また杉並区民でない方も(←この質問よくあります。区民でなくてもだいじょうぶ!)ぜひいらしてください。


「市場のそばで古本市」10月12日(土)に出店します! ◎終了しました
旧・第一牧志公設市場外回り(市場の古本屋ウララ前)で行われる「市場のそばで古本市」に出店します。
10月5日12日の土曜日に行われますが、私は、12日の方に出店です。
ウララ前の鰹節屋さんがあった場所は建て替えを前にして、現在はシャッターが下りています。この景色もあと数週間で消えます。
工事が始まる前に、古書など持ち寄って古本市が行われます。

フライヤーの絵を描きました。市場ネコのみーちゃんも古書市を見に来てくれるかもしれません。


りっかりっか*フェスタで音楽紙芝居! ◎終了しました

りっかりっか*フェスタ(2019国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ)に参加します。チケットの発売は6月28日(金)から

音楽紙芝居「月夜のナイチンゲール」
とき:7月26日(金) 15:00〜15:45 / 19:00〜19:45(開場は開演15分前)
ところ:ブックカフェ「ゆかるひ 」那覇市久茂地
チケットのお求めは、下記の公式サイトからのお申し込みとなります。よろしくお願いいたします。

http://riccariccafesta.com


音の台所リトグラフ展『市場のねこ』東京と沖縄で ◎終了しました

◎東京(世田谷・明大前)で
◎沖縄(那覇・牧志)で

東京・明大前の七月堂古書部(twitter @shichigatsudo2 )で4月27日から『首里のねこ』をテーマにリトグラフを飾ってくださいましたが、6月1日からは那覇の市場をテーマにした『市場のねこ』となります。
新作も加わり、沖縄・那覇でも市場の古本屋ウララ(twitter @urarabooks )店内でも連動して「那覇の市場」をテーマにしたリ展示&古書のイベントを行ないます。
*
七月堂は6/1〜 6/30(火・水定休)
ウララは6/1〜6/16(日・火定休)ただし6/16(日)は営業
*6/16(日)は牧志公設市場の建物の建替のための最終営業日となります。ウララの営業はそのあとも続きます


七月堂古書部(東京・明大前)で「音の台所リトグラフ展」◎終了しました

東京・明大前の七月堂古書部(twitter @shichigatsudo2)で4月27日から6月30日までのあいだ、飾っていただけることになりました。ゆるゆると2ヶ月間。6月からは那覇の市場をテーマにした新作も加わります。
*

前期:4/27〜 5/31 は首里の風景や琉球の工芸など&ねこの数点を展示
後期:6/1〜6/30 は那覇の公設市場近辺の様子をリトグラフにした新作を展示

また、6/1〜6/16は市場の古本屋ウララ(沖縄・那覇)店内でも連動して「那覇の市場」をテーマにしたリ展示&古書のイベントを行ないます。
なお、6/16(日)は牧志公設市場の建物の建替のための最終営業日となります。ウララの営業はそのあとも続きます


城西病院 第154回 ホスピタリティ・コンサート ◎終了しました
音楽紙芝居(特別編)「ゼツメツキグシュノオト」
2019年4月19日(金)午後7時開演
茂木淳子(絵と文と語り) 川津直子(ピアノ)

春畑セロリ作曲:「ゼツメツキグシュノオト」(画像投影)
—–
J. S. バッハ:フランス組曲 第5番
シューマン:「子供の情景」

城西病院 ホスピタリティ・コンサート
入場無料(当日先着70名)


国分寺市立 cocobunjiプラザ presents ◎終了しました
音の絵本「ゼツメツキグシュノオト」&音楽紙芝居「金の魚」
2019年1月27日(日)午後2時開演
cocobunjiプラザ リオンホール
入場無料(定員200名)★要申込


ブックパーリーOKINAWA参加企画 ◎終了しました
ピアノと語りでつづる「音の絵本」
2018年
11月24日(土)午後7時開演
Bookcafe & Hall ゆかるひ (那覇市久茂地)
構成・イラスト・語り:音の台所(茂木淳子)
ピアノ:サトウユウ子 金城吏美

チケットの取扱(10月11日以降)
ブックカフェゆかるひ古書の店言事堂市場の古本屋ウララ  の3ヶ所です。
どうぞよろしくお願いいたします。


音の台所 里帰り投げ銭ライブ in 古書ほうろう ◎終了しました
2018年11月10日の夜(17時ごろから)
古書ほうろう(千駄木)
音の台所(=茂木淳子)& 川津直子(ピアノ)
トーク&「ゼツメツキグシュノオト」ほか リクエストも


荻窪音楽祭    ◎終了しました
ピアノと語りでつづる音楽紙芝居(特別編)「ゼツメツキグシュノオト」
2018年11月10日(土)
杉並公会堂 小ホール
絵と文と語り:音の台所(茂木淳子)
ピアノ:川津直子
0歳児から入場できます



ゼツメツキグシュノオト学校 ◎終了しました
2018年8月21日(火)10:30開演
音楽の友ホール(神楽坂)
ナビゲーター:春畑セロリ(作曲家)
ピアノ:内藤晃
生物学者:阿部健一
絵・朗読:茂木淳子
入場料:一般 前売¥2000(当日¥2500)/小学生以下前売¥500(当日¥600)
親子券(一般1枚+小学生以下1枚)¥2400(前売りのみ)
主催:音楽之友社 ゼツメツキグシュノオト委員会

当日の様子がWebマガジン「ONTOMO」にアップされました。☞


ゼツメツキグシュノオト刊行記念 ◎終了しました
スライドショー&朗読&音楽イベント

2018年7月22日(日)15:00〜
ジュンク堂書店那覇店 B1F イベント会場
出演:音の台所・茂木淳子(著者) 鶴見幸代(作曲家)


完成と共感の環境学
「ゼツメツキグシュノオト」を聴きませんか ◎終了しました

2018年6月23日(土)17時30分開演
法然院(京都)
ピアノ演奏:内藤晃
案内:フィールドソサエティ
作曲家:春畑セロリ
研究者:阿部健一
入場無料(要申込 先着60名)
主催:総合地球環境学研究所
音の台所(茂木淳子)はサプライズ出演、その時の模様は京都新聞6月24日デジタル版にアップされました。☞ ★


3つの「ゼツメツキグシュノオト」発売記念 ◎終了しました
「いきもののオト、きこえますか?」
2018年4月28日(土)15時開演
オクターヴハウス(池袋)
出演:春畑セロリ(作曲)茂木淳子(絵・朗読)
内藤晃(ピアノ)深津美佐紀(生き物のお話)
主催:ゼツメツキグシュノオト委員会


城西病院 第144回 ホスピタリティ・コンサート ◎終了しました
音楽紙芝居「すてきなとりかえっこ」
2018年4月20日(金)午後7時開演
茂木淳子(構成・イラスト・語り) 川津直子(ピアノ)
画像操作:山﨑絢子

ピアノと語りでつづる音楽紙芝居「すてきなとりかえっこ」
〜アンデルセン「父さんのすることはいつもよし」とブルクミュラーの「貴婦人の乗馬」による〜
春畑セロリ作曲:「ゼメツキグシュノオト」より3曲
–休憩–
ショパン:ピアノソナタ第3番 ロ短調

城西病院 ホスピタリティ・コンサート
入場無料(当日先着70名)


第30回 荻窪音楽祭 2017 ◎終了しました
音楽紙芝居「すてきなとりかえっこ」
〜アンデルセンの「父さんのすることはいつもよし」とブルクミュラーの「貴婦人の乗馬」による〜

2018年11月11日
杉並公会堂小ホール